ペットの供養を第一に考えた遺骨の整理方法

亡くなった時に慌てないようにペット葬儀の準備をしよう

大切なペットが亡くなった時~飼い主がやるべき事~

大切なペットが亡くなってしまった時は気が動転してしまうものです。しかしペットのためにも、以下の迅速な行動を心がけましょう。

簡易棺を用意する

下準備

火葬や葬儀を行うまでの一定期間、ペットを安置しておく必要があります。そのためにまずは自分でペットを入れておく簡易棺を用意しましょう。全身が入るサイズの段ボールや木箱で大丈夫です。下準備として、捨てても良いバスタオルやシーツ、新聞紙などを箱の底に敷いておきましょう。これはペットの遺体から、体液や汚物が出てくることがあるためです。

腐敗防止

生き物が亡くなると、少しずつ腐敗が進行していきます。少しでも遅らせるために、バスタオルや新聞紙を敷いた上に保冷剤を敷き詰めましょう。特に夏場は多めに入れてもOK。ドライアイスを入れる場合は、タオルなどにくるんでください。また安置する時間が長くなりそうな時は、敷くだけでなくペットのお腹や頭にも保冷剤を当てておきましょう。

安置

保冷剤を敷いた上に、更にバスタオルやシーツなどを敷きます。ペットが愛用していた毛布やペットシートなどでも良いでしょう。なるべく寝心地の良いように整えてあげてから、自然な体勢になるよう手足を軽く折り曲げてペットを寝かせてください。また、時間が経つとペットの身体からダニ・ノミなどがタオルに移る場合があります。この時はまたタオルを取り換えてください。

葬儀会社を探しておく

ペット葬儀は、飼い主がペットにしてあげられる最後の贈り物です。満足いく葬儀ができる、しっかりした葬儀会社を探しましょう。葬儀用の設備やプランは業者によって大きく異なります。飼い主の考え方にもよりますが、やはり葬儀を行う専用のセレモニーホールや個別火葬を行う火葬炉などの設備は必要といえるでしょう。また住職による読経があるかどうか、合同慰霊碑があるかどうかなどもチェックポイントです。希望に沿った丁重な供養ができるよう、きちんと確認しましょう。

TOPボタン