ペットの供養を第一に考えた遺骨の整理方法

ペット葬儀後の納骨はいろんな管理方法がある

ペットの納骨には種類がある~最適な方法を探す~

「納骨」と一口に言っても、納める場所には様々な種類があります。自分のライフスタイルや考え方に合わせて選びましょう。

遺骨の管理を任せる

合同供養塔
合同供養塔は、他のペットと一緒に眠る共同墓地です。土に還すことが前提となっているので、骨壺から遺骨を出して供養塔の地下部分に納めることになります。そのため、一度納骨したらもう手元には戻ってきません。管理は供養塔のある霊園にお願いすることになります。線香やお花を供えることはできるので、いつでも好きな時にお参りすることが可能です。
個別墓地
一体だけで納骨する、自分のペット専用のお墓です。多くの場合はペット霊園などの区画を購入し、お墓を建てて霊園側に管理してもらいます。墓石の大きさや種類を選ぶことができるので、考え方や好みに合わせることが可能です。ガーデン風のオシャレで明るいお墓も人気です。また、近年では人間のお墓の一角にペット用の供養塔を建てる方も増えています。
納骨堂
遺骨を土に埋めるのではなく、建物内にスペースを借りて骨壺に入れたまま安置する方法です。納骨堂にはロッカーのようなタイプや棚になっているタイプなど様々な種類があります。また一年更新や永代供養など契約方法も異なるため、事前に確認しましょう。納骨堂によってはお参りの時間やお供えのスペースに制限が設けられていることがあるので、注意が必要です。

自分で遺骨の管理をする

ペット葬儀の後、自宅に遺骨を引き取ることを選んだ方は、自分で遺骨を管理することになります。しばらく自宅供養を行ってから、いずれお墓に入れたいと考える方も多いでしょう。自宅供養後の遺骨の扱いは人それぞれ。ペット用の仏壇にそのままずっと安置していても良いですし、四十九日や一周忌などの法要を目安にお墓に入れても良いでしょう。ペット霊園など以外にも、自宅に庭がある場合は自分で墓石や慰霊碑を用意して庭に埋葬することもできます。

TOPボタン